私の履歴書

色々あったなと思いますが、感謝すべき人生だと思っています

私がこれまで歩んできた人生いついて語りたいと思います
興味のある方はご覧ください
いいことも悪いことも正直に書いていきます(よい面は多少セーブして書きますが・・・)
 
私は1955年10月に母の実家のある岡山で生まれました
そして小学6年の1学期まで大阪で育ちました

当時は意識していなかったのですが、今考えると私の家は貧乏でした
父は従業員5人(ほほ家族経営)の運送会社に勤めており、
自転車の荷台に荷物を積んで目的地まで運ぶ仕事をしていました
母は、専業主婦でした
そして弟を含めた家族4人で4畳半と6畳の長屋(平屋のアパート)に住んでいました
このような状況でしたが私はある時は近所の子供たちとまたある時は学校の友達と
タコを上げたりコマ回しをしたり、ビー玉やめんこで楽しく遊んでいました
特に自分が貧乏だと思うことはありませんでした
なぜなら、まわりも似たり寄ったりだったからです

そんな楽しい思い出いっぱいの大阪から引っ越すときがやってきました
母方の祖父が経営する会社を両親が手伝うことになったからです
父は工場長という名の労働者、母は経理担当になりました
ここも従業員は全部で5~6人でした

私は当然ながら転校しました
そして、ここから私の苦難というか忍耐の人生が始まることになります
私は自分の家が貧乏であることと、
自分が低スペックな人間であることを自覚したからです

今だから話せますが
私が自分の家が貧乏だなと思ったのは、家のトイレが和式で汲み取り式であったことと
電話がなかったことです
当時は個人情報にうるさくなかったので、学級名簿に家の電話番号が
記載されていたのですが、そこに「呼び出し」と記載されているのは
子供ながらに屈辱を感じていました
「鈴木のところ、電話ないの~」と悪気はないのですが、そう聞かれるたびに
私は恥ずかしい思いをしていました

また小学6年にもなると勉強もだんだん難しくなってきてそれと同時に
「自分はあまり頭よくないなー」「記憶力もよくないなー」と自覚するように
なっていました
他の面に関しても私は体が硬く(関節も固い)、かつ毛深いことに劣等感を
もっていました
さらに、走るのは短距離、長距離ともに遅い、水泳は息継ぎができない
野球はフライが捕れない、サッカーはボールを蹴っても浮かない(ゴロばかり)
鉄棒は逆上がりができない、絵を描かせれば描くのが遅い、音符は読めない
リズム感はない、横笛がふけない、そして不器用でした
とにかく私には何の才能も素質もありませんでした

                                                                                続く

CONTACT

自慢話聞きますサービス(JKS)
千葉県千葉足中央区弁天1-15-3
大宗北口ビルB1F
TEL 080-6788-7194
d4034032001@yahoo.co.jp
お問い合わせはこちらから
PAGE TOP